サイトマップ | お問い合わせ | English

HOME > 一覧 > 医療コラム

【第1回】ジェイムズ・パーキンソンさん

2021年4月8日に、オープンしました。
パーキンソン病のトピックスやこぼれ話などをお届けします。
パーキンソン病の患者さんとその介護者の方を対象にしています。

 担当するのは、主に、北海道医療センター/難病診療センター・チーフコーディネーターの菊地誠志(きくち せいじ)です。わたしは、脳神経内科の専門医・指導医として、40年ほど、神経難病の診療に携わってきました。この間のパーキンソン病の病因・病態の解明には目を見張るものがあります。パーキンソン病に対する治療薬および医療機器の開発については、レボドパと抗コリン薬しかなかった頃を知るものとしては驚くばかりです。しかし、未だ完治をもたらす治療法は存在しません。

 一方、パーキンソン病では、運動症状だけでなく、非運動症状(多彩で大きな個人差)にも注目が集まるようになり、患者さんの生活の質(QOL)の改善には、ひとりひとりに合った治療法の選択が求められるようになりました。

 最近は、専門家による書籍やインターネットなどから、情報はすでに十分に届くようになっていると思われます。そこで、サロン・ド・PDでは、わたしが個人的にこれは面白いと思い、普段、患者さんに外来でお話ししているような話題について、わたしなりの解釈を交えてお送りすることにしました。月に1~2回のペースが目標です。よろしくお付き合い下さい。

2021年4月8日
北海道医療センター
難病診療センター 菊地誠志

パーキンソン病セカンドオピニオン外来 毎週火曜日 午後9時~午後11時まで


担当医師は、パーキンソン病などの神経変性疾患および免疫性神経疾患を専門とする当院名誉院長の菊地医師が担当します。 菊地医師は、2002年、2011年、2018年の日本神経学会パーキンソン病治療ガイドライン作製委員会に委員として参加するなど、本邦におけるパーキンソン病診療に関する指導的立場にあります。また、政策医療ネットワーク/パーキンソン病の精神症状(認知症・うつ・幻覚)の実態調査とQOL向上への提言(独立行政法人国立病院機構)メンバー、パーキンソン病関連疾患であるジストニアの疫学・診断・治療法に関する総合的研究班(厚生労働省)研究協力者としても活躍しました。パーキンソン病および関連疾患の領域に精通しています。


〒063-0005
札幌市西区山の手5条7丁目1番1号

受付時間(月〜金曜日)
【午前】8:30~11:00【午後】1:00~ 3:00

※午後診療は再診予約のみとなります。

電話番号