サイトマップ | お問い合わせ | English

HOME > 病院紹介 > 病院指標

病院指標

令和3年度 北海道医療センター

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 362 226 140 208 458 599 1,006 1,735 1,009 281
当院は札幌市西区の唯一の公的病院であり、第3次救命救急センターを有する地域医療支援病院として身近でかつ質の高い医療を幅広い年齢層に提供しています。令和2年度以降患者数は新型コロナウイルス感染症の流行状況に大きく影響され、令和3年度も前年ほどではないものの、コロナ禍前の状況には回復していません。その中で少子化に加え他の感染症の流行がなく激減していた10歳未満の小児患者数がやや回復しました。地域の高齢化を反映して入院患者の半数が70歳以上となっています。多くの診療科で70代が最多を占める中、婦人科では腹腔鏡下での子宮の悪性~良性疾患治療を積極的に行っており、30~50代の比較的若い年齢層が多くなっています。また、救急搬送患者の入院全体に占める割合が約23%に上り、コロナの重症化を含む独居・介護施設入居高齢者の健康悪化による搬送が多く見られました。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 147 3.35 2.65 0.00% 71.28
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 65 14.66 9.21 9.23% 79.00
060035xx99x6xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 32 6.81 4.54 0.00% 70.88
060140xx97x0xx 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 24 16.25 10.84 20.83% 77.71
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2 なし 21 12.33 8.74 4.76% 75.24
大腸ポリープの内視鏡的治療のための入院が最も多くなっています。術後の経過観察のため、3日間程度の入院期間が必要です。胆管結石・胆管炎のための入院で、検査(血液生化学検査、各種画像検査等)、治療(抗生剤投与、点滴、内視鏡的胆管結石除去術、胆管ドレナージ術などの処置)を行い、肝機能や炎症の経過を見ています。大腸癌に対する化学療法目的の入院が増えてきています。また、出血性胃潰瘍や腸炎、虚血性腸炎などのため入院検査、経過観察を行っています。コロナ禍により、早期胃癌やポリープに対する内視鏡治療目的の入院は、例年より減少傾向です。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 114 5.65 4.34 0.00% 59.76
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 105 9.46 6.04 0.00% 47.30
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 65 5.80 4.23 3.08% 61.88
120010xx99x70x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 7あり 定義副傷病 なし 51 4.75 4.08 0.00% 61.12
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 45 8.96 6.11 0.00% 50.04
 この表は婦人科に入院した患者さんの延べ人数を疾患別に示したものです。3番目と4番目は卵巣癌の抗癌剤治療を受けた患者さんで、合わせると延べ116名です。2番目は子宮筋腫や子宮腺筋症など子宮の良性腫瘍で子宮を摘出した患者さんで105名です。
 当科は患者さんにとって効率的な治療を行うことを目標としており、悪性腫瘍の患者さんも極めて短期間の入院で抗癌剤治療を受けることができております。また患者さんによっては外来での抗癌剤を受けることも可能です。良性疾患の手術もほとんどが腹腔鏡による手術が行われ、入院期間の短縮が見られています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx9913xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 3あり 140 4.62 6.14 0.71% 72.25
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 87 5.76 4.79 0.00% 66.17
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 58 5.47 4.36 0.00% 70.93
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 57 11.75 10.24 5.26% 80.46
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 49 18.51 17.35 12.24% 87.04
新型コロナウィルス感染症の影響が減少し、昨年度と比較して患者数が増加しています。ただし、診断群別患者数の順位動向に大きな変化はなく、最も多い症例は狭心症・陳旧性心筋梗塞など慢性虚血性心疾患の検査入院です。頻脈性不整脈に対するカテーテル心筋焼灼術を行った症例や、狭心症などに対する冠動脈のカテーテル治療(ステント留置、アテレクトミーなど)を行った症例、閉塞性動脈疾患に対する下肢の血管治療を行った症例数も多い傾向です。コロナ診療体制継続下でも可能な限り救急患者を受け入れており、心不全による入院は128例、急性心筋梗塞による入院は44症例となっております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 58 7.36 7.11 1.72% 65.57
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 47 5.96 4.74 2.13% 71.43
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 39 11.00 7.84 0.00% 64.67
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 26 19.42 15.76 11.54% 74.58
060020xx02xxxx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 21 18.86 18.34 4.76% 75.14
診断群分類別患者数では胆嚢摘出術,鼠径ヘルニア手術,腹腔ヘルニア,結腸癌手術,胃癌手術が当科での上位5位になりました。



呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 110 3.42 3.30 1.82% 70.85
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 35 12.74 13.12 25.71% 73.86
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 34 9.53 9.07 0.00% 74.09
040040xx99070x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 7あり 定義副傷病 なし 33 12.64 10.28 0.00% 69.45
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 27 15.59 18.42 7.41% 71.70
出来高による肺癌治療も多くありますが、DPCコードによる分類でも1~5番目が肺癌の化学療法や検査をしている群となっており、肺癌診療が主体となっています。肺癌診療の平均在院日数は全国平均とほぼ同等、 治療成績も、奏効率・病勢制御率などは他施設と遜色ない成績となっています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 40 2.03 3.70 10.00% 36.35
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 24 14.46 13.14 25.00% 80.88
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 22 27.14 20.57 59.09% 85.23
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 なし 16 25.19 19.22 43.75% 81.81
180010x0xxx2xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 2あり 13 32.00 31.19 69.23% 77.38
救急科が担当する診療領域は多岐にわたるため、上記の疾患群を主に診療していると言う訳ではありません。当科の診療内容を正しく示すデータは厚生労働省が公表している救命救急センターの充実段階評価結果および報告している重篤患者数をご参照ください。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 52 5.42 5.83 0.00% 1.15
060380xxxxx00x ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 4.17 5.53 0.00% 6.21
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 26 10.69 10.39 0.00% 7.46
030270xxxxxxxx 上気道炎 26 6.50 4.78 0.00% 2.15
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 5.05 6.24 0.00% 4.55
 小児科では北海道内各地から専門的な治療や腎生検を必要とするネフローゼ症候群などの小児腎疾患、先天代謝異常疾患の入院精査加療を数多く受け入れています。また近隣や市内のクリニックから紹介の入院が多くなっています。肺炎、急性気管支炎などの呼吸器感染症、咽頭炎や扁桃炎などの上気道炎や喘息が多くみられます。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 59 32.15 25.32 69.49% 81.98
070180xx97xxxx 脊椎変形 手術あり 22 24.82 21.52 4.55% 27.41
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 18 28.06 20.63 0.00% 67.89
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 17 24.94 15.77 0.00% 70.94
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2 なし 15 29.60 20.31 6.67% 69.73
 札幌西地区の基幹病院でもあり、心疾患や腎疾患の基礎疾患のある高齢の方が転倒され股関節周囲の骨折を治療される方や、脊柱管狭窄による歩行障害や脊椎変形で脊椎外科手術を受けられる患者様が多くいらっしゃいます。下肢の膝や股関節の人工関節置換術や上肢の骨折などの治療を受けられる方も多くいらっしゃいます。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 18.60 9.78 20.00% 74.93
010010xx02x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 18.60 20.79 38.46% 68.15
010040x101x1xx 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 脳血管内手術+脳動静脈奇形摘出術等 手術・処置等2 あり 10 18.60 38.56 90.00% 60.70
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 15.57 - -
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 8.30 - -
 脳神経外科では、脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷といった疾患を診療・治療しています。特に、脳卒中や重症頭部外傷など切迫する神経症状を伴った緊急疾患に24時間365日体制で対応しています。令和元年度、最も多い症例は未破裂脳動脈瘤でした。これは、くも膜下出血の原因として最多である動脈壁が風船状に変形する病気であり、血管造影検査など詳しい検査を行った上で 外科手術・血管内治療・経過観察の中から、最も適したものを選択するように心がけています。特に 体への負担が少ないカテーテルを用いた血管内治療に力を入れています。  脳卒中症例の内訳としては、脳出血(非外傷性頭蓋内血腫)・脳梗塞の順に多かったです。脳出血は、部位・大きさ・神経症状・内服や合併症などの背景から、外科的治療を実施するか保存的に経過を観察するかと判断して治療に当たります。脳梗塞は、脳の血管が詰まることにより 神経細胞が障害を受けることで様々な症状を呈する疾患で、発症から時間経過が短ければ tPA静注療法やカテーテルを使った治療により閉塞血管を再開通させることで症状が改善する場合が多く、適切な治療を遅滞なく24時間体制で提供しています。3次救急施設として重症頭部外傷症例の受け入れも積極的に行っており、急性硬膜下血腫など緊急の開頭術が必要な症例には開頭術を提供し、脳挫傷・びまん性軸索損傷など開頭術が必要とならない症例も、遅発性に出血する場合があり、入院で慎重に経過をみています。脳卒中であっても、頭部外傷であっても、早期にリハビリテーションを開始し、リハビリテーションが継続できるよう早期の転院を調整し、社会復帰あるいは家庭への退院への期間短縮に努めています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 17 5.71 5.71 0.00% 45.29
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 17 7.29 7.03 0.00% 59.18
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 12 8.92 6.47 0.00% 50.58
100020xx010xxx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除(頸部外側区域郭清を伴わないもの)等 手術・処置等1 なし 10 11.90 8.19 0.00% 56.20
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 10 8.20 4.92 0.00% 77.80
手術も入院と同様、Covid-19の影響で全疾患に置いて手術件数が激減しております。特に鼓膜換気チューブ留置術・口蓋扁桃摘出術などの手術件数は激減しております。令和元年度の耳鼻咽喉科上位手術は、第1位が滲出性中耳炎の鼓膜換気チューブ挿入術(28例)、第2位は口蓋扁桃摘出術(23例)、第3位は内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(19例)、第4位は頸部リンパ節腫長の検査を目的としたリンパ節摘出術(13例)、第5位は急性炎症症状で紹介され即日入院して手術を行った、扁桃周囲膿瘍切開術(13例)、その他鼻内視鏡手術は全37例、甲状腺手術は全20例(悪性16例、良性4例)、口腔・咽頭・喉頭がん手術9例、耳下腺手術は全10例(悪性1例、良性9例)など、通常は幅広く対応しております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等2 なし 27 7.41 7.02 3.70% 77.04
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 14 6.07 5.56 0.00% 72.29
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 11 3.00 2.50 0.00% 74.00
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 10 9.10 13.14 30.00% 69.10
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 - - 8.23 - -
膀胱腫瘍はその90%以上が粘膜より発生する尿路上皮癌で、多くが早期癌ですが膀胱内再発が非常に多いのが特徴です。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1 なし 19 13.21 13.07 0.00% 73.89
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 11 8.00 4.01 0.00% 63.73
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 11 10.64 9.22 0.00% 69.36
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 10 17.30 7.68 0.00% 85.20
080250xx9701xx 褥瘡潰瘍 手術あり 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 あり - - 45.53 - -
皮膚腫瘍に対する治療を積極的に行っております。大きな腫瘍や摘出後に出血リスクのある腫瘍は入院適応があります。急性膿皮症のDPCコードの中では、蜂窩織炎(主に下肢)が多く、また時には糖尿病等の合併では重症化リスクが高いため、緊急性があることが多いです。 主に抗生剤および患部のクーリングを中心に、またリンパ漏などの合併がある場合は連日の処置も含めて加療しております。 帯状疱疹では、主に顔面の帯状疱疹は悪化すると瘢痕や整容面での問題が残る恐れのある場合や、重症の帯状疱疹では疼痛の残存が生じ易いため、入院適応になります。褥瘡においても急性期治療に対しての入院加療をおこなっています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x00x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 34 16.32 10.47 0.00% 71.47
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 16 7.69 9.86 6.25% 35.56
040010xx01x0xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 縦隔悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし - - 9.26 - -
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし - - 9.07 - -
040040xx99070x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 7あり 定義副傷病 なし - - 10.28 - -
 令和3年度診断群分類別患者数は肺悪性疾患、気胸、肺および縦隔の感染性疾患の症例の診察実績が上位でした。その結果やはり肺悪性疾患、気胸、肺および縦隔の感染性疾患に対する手術数がほとんどを占めています。出来高による肺癌治療も増えているものの、DPCコードによる分類でも例年同様1~3番目が肺癌の化学療法や検査をしている群となっており、平均在院日数は全国平均とほぼ同等です。 治療成績も、奏効率・病勢制御率などは他施設と遜色ない成績となっています。高齢化の影響で4番目は間質性肺炎、5番目が慢性閉塞性肺疾患になっていますが患者数はほぼ例年と同様です。肺炎はDPC細分化のため5位以内に入っていませんが、全体としては67名と多く、COPD合併肺炎も多いため、平均在院日数は15.7日とやや長くなっています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 14 8.07 10.39 0.00% 49.86
110280xx9901xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 13 11.46 13.74 7.69% 69.08
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2 なし - - 20.43 - -
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 1あり - - 34.08 - -
110280xx03x0xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2 なし - - 4.60 - -
腎臓内科で最も多い入院は慢性腎臓病の方が腎機能悪化などの理由で入院する場合です。
2位は慢性腎臓病の方が透析導入目的で入院する場合です。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 5.42 7.87 0.00% 70.50
050163xx01x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術等 手術・処置等2 1あり - - 28.08 - -
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等2 1あり - - 19.66 - -
050163xx9900xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし - - 8.06 - -
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり - - 21.69 - -
心臓血管外科において腹部大動脈瘤及び腸骨動脈瘤に対してステントグラフト内挿術を行った患者様が最も多くなっております。また同疾患に対して動脈瘤切除・人工血管置換術を行った患者様もいますが、より低侵襲治療である前者の方が在院日数は短く、また高齢の患者さまが多い傾向にあります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 17 - 10 30 - - 1 8
大腸癌 24 35 33 65 - 39 1 8,7
乳癌 - 1
肺癌 36 36 151 95 121 1 8
肝癌 - 10 - - 14 - 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
北海道がん診療連携指定病院として、各診療科で様々ながん診療を行っています。新型コロナ対応のため患者数は減っていますが、がん診療のみを行う専門病院とは違い、がん以外の合併症に対する高度専門医療や救急医療にも対応しています。コロナによる受診控えの影響が続き、胃がんではStageⅣの割合が増えたままです。大腸がんでもStage Ⅲ、Ⅳの進行癌の割合が多いのですが、積極的に内視鏡下手術を導入し負担が少なく入院日数が少なくなるように努力しています。肺がんでは他院から紹介された進行癌や再発癌に対する化学療法を最新の遺伝子検査の情報を参考に行っています。病期不明は多くが検査入院ため病期分類が確定していない症例です。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 20 14.20 74.50
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
新型コロナウイルス感染症に対する住民の徹底した感染予防により、令和3年度もコロナ以外の成人市中肺炎は比較的若い年代を中心に減少しています。このため平均年齢は高齢化していますが、平均在院日数は前年よりも短縮しました。特に重症、超重症では平均年齢が各々約84歳、91歳にまで上がったにも関わらず、在院日数は短くなっています。退院支援を困難にする要素をたくさん持っている症例群ですが、在宅医療や介護との連携に力を入れている成果と考えます。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 62 35.61 75.48 44.78%
その他 - - - -
脳梗塞では発症して早期(3日以内)に入院する症例がほとんどであり、平均年齢は75歳と高齢者が多くを占めますが、カテーテル治療や超急性期の脳梗塞に対する血栓溶解療法(t-PA療法)も行っています。当院での入院期間は治療とリハビリを行い、ほぼ5週間で転院あるいは退院しています。約4割の方がリハビリ専門施設へ転院していますが、脳卒中地域連携パスを運用しており、地域の回復期病院や開業医と連携を行なっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 142 1.51 1.51 0.70% 72.00
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 63 2.30 15.22 6.35% 80.02
K654 内視鏡的消化管止血術 31 1.97 11.35 12.90% 75.84
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 等 27 2.81 9.30 0.00% 69.93
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 等 27 4.04 11.07 14.81% 78.52
大腸ポリープの治療(内視鏡的大腸ポリープ切除術、粘膜切除術)が最も多くなっています。新型コロナウイルス感染対策のため(PCR検査等)、治療前日に入院してもらっています。次いで胆管結石、胆管炎に対して 内視鏡的胆道ステント留置術を行っています。炎症が落ち着き、肝機能が安定の経過のため入院期間はおよそ15日間となっています。胃潰瘍、食道静脈瘤、マロリー-ワイス症候群など上部消化管出血例に対して内視鏡的止血術を行っています。高齢者や合併症を有する方がおり、入院期間がおよそ11日間とやや長くなっています。抗がん剤投与のための植込み型カテーテル設置も増えてきています。胆管結石症例では内視鏡的乳頭切開術を行い結石を排石します。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 74 3.89 4.93 5.41% 67.72
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 50 2.70 3.48 4.00% 70.80
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 34 4.29 14.38 8.82% 72.35
K016 筋(皮)弁術 20 2.20 8.60 0.00% 73.20
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 19 4.00 14.95 10.53% 74.32
 当科の手術患者数は胆嚢摘出術,鼠径ヘルニア修復術,大腸癌手術,筋弁術、胃癌手術といった外科の主要な手術が上位になっています.いずれも腹腔鏡下手術がメインとなっています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 124 3.48 5.28 0.00% 50.25
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 64 3.02 5.27 0.00% 47.02
K861 子宮内膜掻爬術 43 0.63 1.14 0.00% 52.14
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 23 3.26 5.17 0.00% 37.65
K879 子宮悪性腫瘍手術 18 3.28 16.94 0.00% 58.00
婦人科の手術に関しては、患者さんの身体への負担を少なくすること(低侵襲手術)を目標としており、①腹腔鏡手術、②自己血輸血を2大柱として良性・悪性疾患に対応しています。腹腔鏡手術は臍に1か所、右下腹部に3~5mmの傷、計2か所の小さな傷だけで行う、いわゆる2孔式手術をほぼすべての腹腔鏡手術に適応しており、子宮筋腫や子宮腺筋症に対する腹腔鏡下子宮全摘術や腹腔鏡下筋腫核出術や、良性卵巣腫瘍に対する腹腔鏡手術が多くなっております。また治療後に妊娠を希望する若年者の初期の子宮頸癌の増加に伴い、レーザーを使用した子宮頚部円錐切除術も増加しています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 76 1.83 3.72 0.00% 66.57
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 53 4.28 2.91 0.00% 70.89
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 36 3.58 3.17 5.56% 77.72
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 25 2.96 11.24 4.00% 81.04
K5481 経皮的冠動脈形成術(高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテル) 24 6.38 3.83 0.00% 74.54
新型コロナウィルス感染症の影響が減少し、昨年度と比較して患者数は増加しておりますが、主要手術別患者数の順位動向にも大きな変化はありません。不整脈に対する経皮的カテーテル焼灼術は年間87例施行しており、中でも心房細動に対するものが多くなっています。虚血性心疾患のカテーテル治療を年間約142例行っており、狭心症等に対する冠動脈ステント留置術やアテレクトミーカテーテルによる治療が含まれています。 なお、急性冠症候群などに対する緊急冠動脈形成術は38件でした。下肢動脈閉塞に対する血管拡張術は36症例となっており、重症虚血肢症例への治療件数が増える傾向です。また、ペースメーカー・植え込み型除細動器の移植術は電池交換も含め年間61件行われました。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 41 3.12 29.05 68.29% 77.85
K0821 人工関節置換術(股) 等 30 6.13 22.17 3.33% 70.97
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓形成) 30 5.33 22.03 20.00% 70.70
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方椎体固定) 27 6.96 34.85 18.52% 72.19
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方又は後側方固定) 22 8.18 40.41 22.73% 59.05
一般医療機関では治療が難しい脊柱変形や脊椎感染症などの手術が多いのが当院の特徴になっています。脊椎を始め上肢や下肢疾患でも糖尿病、脳血管疾患、循環器疾患、呼吸器疾患などで外科的治療が難しい患者さまを数多く道内の医療機関からご紹介いただいています。在宅医療を担っておられるかかりつけ医の先生をはじめ、単科の専門医療機関からのご紹介も数多く、総合病院の利点を最大限に生かした”チーム医療”を展開しています。診療科の垣根を超え、また職種間の連携を密にした医療の実践を大切にしています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 13 1.00 8.77 0.00% 32.85
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 10 1.10 6.40 0.00% 51.00
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 - - - - -
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 - - - - -
K4611 甲状腺部分切除術,甲状腺腫摘出術(片葉のみの場合) 等 - - - - -
 令和3年度の患者数分布は例年と大きく異なり、Covid-19流行に伴い急性感染症・小児感染症・良性疾患症例が激減しております。副鼻腔炎が第一位、前提機能障害が第三位、扁桃の炎症性疾患が第五位となっておりますが、いずれもも例年の半数以下となっております。通常は手術および急性疾患の治療が目的の入院が大半を占め、令和元年2の入院者数は切開排膿手術を施行した扁桃周囲膿瘍および急性扁桃炎が第1位、鼻内視鏡手術を施行した副鼻腔炎が第2位、鼓膜換気チューブ挿入術を施行した滲出性中耳炎が第3位、めまい症状による入院が第4位、手術目的に入院した慢性扁桃炎やアデノイドが第5位でした。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 19 8.47 25.95 47.37% 70.11
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭による) 等 19 5.16 19.32 26.32% 75.37
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの) 18 0.28 38.28 77.78% 62.17
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所)
K1742 水頭症手術(シャント手術)
 令和3年度、脳神経外科で最も多い手術は慢性硬膜下血腫に対する穿頭術でした。慢性硬膜下血腫は高齢者に多く、一般的には軽微な頭部外傷後 数週から数カ月経過してから頭蓋骨の内側にある脳を覆っている硬膜という膜と脳の隙間に徐々に血腫が貯留し、脳が圧迫されることにより運動麻痺や認知症などの高次機能障害が出現し病院を受診することにより診断に至る疾患です。局所麻酔で実施できる穿頭術により根治し、良好な経過が期待できます。2番目に多い手術は脳腫瘍に対する開頭腫瘍摘出術です。ナビゲーションシステムや種々モニタリングを用いて可能な限り脳機能温存をはかるのはもちろんのこと、転移性脳腫瘍など全身の合併症をもつ症例も少なくなく、総合病院のメリットを生かして、他診療科とチームを組み細心の注意を払いながらの術後管理を行うように努めています。3番目に多い脳血管内手術は、脳の血管に発生した病気をカテーテルという細い管を用いて脳の血管の内側から治療を行う方法です。開頭せず、脳や血管・神経に触れることなく治療が可能など低侵襲であることが利点です。対象疾患は、脳動脈瘤(くも膜下出血をきたして発症するもの、破裂する前に偶然発見される未破裂動脈瘤があり、ともに対象となります)、頚動脈狭窄(脳梗塞の主要な原因のひとつで、ステントとよばれる金属性のトンネルを用いて治療します)、硬膜動静脈瘻などの血管奇形(脳卒中やてんかん発作の原因となります)などがあります。4番目に多い水頭症の手術は くも膜下出血の合併症として生じるもの、頭部外傷などを契機に発症するもの、手術で良くなる認知症と言われている正常圧水頭症など様々な原因がありますが、治療は 頭蓋内や脊柱管内の髄液腔と腹腔を細い管で連絡するシャント手術が一般的です。5番目の経皮的脳血栓回収術も、血管内治療の一つで、心房細動などを背景として 突然 脳の太い血管が血栓で閉塞した場合に、発症から時間が経っていないこと、CTやMRI所見などで一定の条件を満たせば、カテーテルを用いて血栓を取り除く手技のことです。劇的な症状の改善が期待できることが、近年の研究で明らかとなり、ガイドラインでもつよく推奨されています。当科では 24時間体制で取り組んでいます。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 27 1.74 4.67 3.70% 77.04
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 14 1.57 2.64 0.00% 71.21
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 13 1.15 5.69 0.00% 68.15
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除・蒸散術(ホルミウムレーザー又は倍周波数レーザーを用いるもの) - - - - -
K836 停留精巣固定術 - - - - -
膀胱悪性腫瘍手術は切除鏡で経尿道的に腫瘍を切除して病理診断を行い、進行度によって次の治療計画を立てる診断と治療を兼ねた手術です。再発が多いため手術件数は多くなります。経尿道的尿管ステント留置術は通常は外来的に3~4か月に一度無麻酔で行いますが、最近ではさまざまな癌腫の進行による水腎症に対して手術室で全身麻酔下で行う金属ステント留置術を行うようになり、麻酔は必要ですがステントの閉塞がないため1年に1度の交換で済み、特に進行癌の患者さんにはさまざまな面で負担が軽減され利点があります。
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 18 9.00 24.94 61.11% 62.94
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
救急科が担当する診療領域は多岐にわたるため、上記の疾患群を主に診療していると言う訳ではありません。当科の診療内容を正しく示すデータは厚生労働省が公表している救命救急センターの充実段階評価結果および報告している重篤患者数をご参照ください。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純なもの) 14 1.64 2.57 0.00% 72.21
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) - - - - -
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 等 - - - - -
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの)(2吻合以上のもの) - - - - -
K5542 弁形成術(2弁のもの) - - - - -
 当院腎臓内科で透析治療が行われており、同科からの内シャント造設依頼が多くなっています。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純なもの) 10 8.30 14.90 20.00% 78.40
K616-41 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(初回) - - - - -
K616-42 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(1の実施後3月以内に実施する場合) - - - - -
K608-3 内シャント血栓除去術 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
 腎臓内科に入院して手術を行うのは、血液透析を行うために必要な内シャント手術です。手術自体は心臓血管外科に依頼しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 27 0.45%
異なる 20 0.33%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 25 0.42%
異なる - -
これらの重篤な症状や合併症は、急性期あるいは重症症例を扱う以上どうしてもゼロにはなりませんが、病院全体で減少に取り組んでいます。播種性血管内凝固症候群の発生はありませんでした。入院後に敗血症となった症例が増えましたが、新型コロナの影響で孤立した高齢者が重症化してから搬送されており、様々な合併症を持つ高齢者の3次救急症例が反映されているものと考えています。入院契機となった病名の治療に関連した手術・処置などの合併症の頻度は0.42%と前年度の約2/3に減っています。
更新履歴

〒063-0005
札幌市西区山の手5条7丁目1番1号

受付時間(月〜金曜日)
【午前】8:30~11:00【午後】1:00~ 3:00

※午後診療は再診予約のみとなります。

電話番号