サイトマップ | お問い合わせ | English

HOME > 一覧 > 医療コラム

【第7回】パーキンソン病でうつになった?

 サロン・ド・PD第7回は、「パーキンソン病でうつになった?」という題でお届けします。「わたしはパーキンソン病ではないでしょうか?」と受診されたとき、すでに、気分が落ち込んでいることを訴える患者さんがいます。パーキンソン病の薬物治療が始まり、運動症状の改善を認めても、「どうも気持ちが滅入ってしまって」と話す患者さんもおります。今回は、パーキンソン病における「うつ」について考えてみたいと思います。

 パーキンソン病の症状に、表情がとぼしい、小声で抑揚がない、動作がゆっくり、ということがあります。どれも、気分が落ち込んだひとのように見えます。つまり、パーキンソン病の患者さんは、みんなうつっぽい。一方で、パーキンソン病の患者さんは、うつっぽく見えるだけ?という考えもでてきます。たしかに、パーキンソン病は、うつ病と間違われることは少なくありません。しかし、逆にパーキンソン病の患者さんにうつ症状が出現しても、気付かれないことがあり得るということにもなります。こちらの方が重大です。

 パーキンソン病患者さんにおいて、気分の変動は、よく観察されます。オフ時の気分の落ち込み、絶望感を訴える患者さんも少なくありません。

 パーキンソン病患者さんにうつ症状があらわれるのは、決してまれではありません。むしろ、そこが、パーキンソン病と付き合っていく出発点と云えます。

 うつの治療においては、まず第一に、パーキンソン病の治療が最優先です。薬もありますが、忘れてならないのが運動です。治療にあたっては、パーキンソン病の治療に自らが参画しているという、自己効力感が重要です。

 気分が落ち込んで、とてもつらいというときには、精神科の先生に相談することもあります。いろいろな人の力を借りて、充実した療養生活を目指しましょう。

2021年9月27日
北海道医療センター
難病診療センター 菊地誠志

パーキンソン病セカンドオピニオン外来 毎週火曜日 午後9時~午後11時まで


担当医師は、パーキンソン病などの神経変性疾患および免疫性神経疾患を専門とする当院名誉院長の菊地医師が担当します。 菊地医師は、2002年、2011年、2018年の日本神経学会パーキンソン病治療ガイドライン作製委員会に委員として参加するなど、本邦におけるパーキンソン病診療に関する指導的立場にあります。また、政策医療ネットワーク/パーキンソン病の精神症状(認知症・うつ・幻覚)の実態調査とQOL向上への提言(独立行政法人国立病院機構)メンバー、パーキンソン病関連疾患であるジストニアの疫学・診断・治療法に関する総合的研究班(厚生労働省)研究協力者としても活躍しました。パーキンソン病および関連疾患の領域に精通しています。


〒063-0005
札幌市西区山の手5条7丁目1番1号

受付時間(月〜金曜日)
【午前】8:30~11:00【午後】1:00~ 3:00

※午後診療は再診予約のみとなります。

電話番号