サイトマップ | お問い合わせ | English

HOME > 小児科 > 小児科病棟保育士日記

小児科病棟保育士日記

令和4年12月21日(水)

子どもたちが楽しみにしている大好きなイベント♡【クリスマス会】を行いました。
今年は、サンタファン様より小児科病棟の子どもたち、一人ひとりに素敵なプレゼントをいただきました。
そして、そのプレゼントを大切に病院サンタさんが子どもたちへ届けました。

 サンタさんが来て大喜びの子どもたち。たくさんの笑顔が見られました。(突然のサンタさんにびっくりしてしまった子もいましたが。。。その後はプレゼントで遊んでいました。)
「サンタさんと写真撮ろうよ!」とノリノリのサンタさん(笑)
 サンタファン様、今年もとっても素敵なプレゼントをありがとうございました。

サンタファン http://www.santafun-sapporo.com/index.html

小児科病棟の子どもたちサンタさんとトナカイ
小児科病棟の子どもたち小児科病棟の子どもたち小児科病棟の子どもたち
小児科病棟 ツリーとアイボ小児科病棟の子どもたち mt-3 rounded

令和4年10月28日(金)

 今月は【ハッピーハロウィン♪】を行いました。
10月に入ってから、小学生のお兄さん、お姉さんが「小さい子たちが怖がらない、かわいいハロウィンの飾りを作ろう!」と進んでプレイルームを飾り付けてくれました。
当日は、各病室に仮装をした先生たちが「ハッピーハロウィン!!」とプレゼントを渡し、記念撮影を行いました。ちょっぴり、びっくりしたお子さんもいましたが、目がキラキラしていました。

小児科 ハロウィン
小児科 ハロウィン
小児科 ハロウィン
小児科 ハロウィン
小児科 ハロウィン
小児科 ハロウィン

腎臓病・代謝異常症を中心に、小児科一般を広く診療しております。お子さんの病気や心配なこと困っていることがございましたら、かかりつけ医の先生とご相談いただき、紹介状(診療情報提供書)をお持ちのうえ受診ください。学校検尿精査で当科を直接受診希望の場合は、学校から渡される『尿検査結果のお知らせ』を必ずご持参ください。

*北海道医療センター小児科は慢性疾患の子どもたちを応援します*

専門外来では、各分野の専門医がそれぞれ腎疾患・透析、小児神経疾患・てんかん、アレルギー、代謝内分泌・遺伝性疾患を担当します。ネフローゼ症候群、IgA腎症や紫斑病性腎炎などの慢性腎臓病、急性糸球体腎炎、慢性腎不全、急性腎不全、先天性代謝異常症、てんかん等の疾患の外来および入院診療を行っています。入院治療が必要な場合には、渡り廊下で隣接している市立札幌山の手支援学校に通学できます。できるだけ入院期間を短くし、普通学校への早期復帰を支援します。なお市立札幌山の手支援学校は院内学級ではなく、正式な学校です。午前も午後も授業があり、できるだけ入院による学習の遅れが生じないようにしています。 慢性疾患外来は午後にも予約枠を設け、通学との利便性を図っています。また一般の風邪やインフルエンザなどの急性感染症患者との接触をできるだけ避けてうつりにくくし、安心して受診できるようにしています。


〒063-0005
札幌市西区山の手5条7丁目1番1号

受付時間(月〜金曜日)
【午前】8:30~11:00【午後】1:00~ 3:00

※午後診療は再診予約のみとなります。

電話番号