救命救急から慢性期まであらゆるニーズに対応するハイブリット型病院

独立行政法人 国立病院機構 北海道医療センター
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

各診療科のご案内

椎間板内酵素注入治療(ヘルニコア)

腰椎椎間板ヘルニアについて

背骨の骨と骨の間には椎間板があり、クッションの役割を担っています。椎間板は、その外側を構成する線維輪とその中身にあたる髄核(ゼリーのような物質)で構成されています。腰の椎間板の中身である髄核が線維綸を破って外にはみ出し、神経を圧迫した状態が椎間板ヘルニアです(下図)。下肢のしびれや痛み、麻痺(力が入らない)、排尿排便障害などの症状が生じます。治療法には、安静、くすり(薬物療法)、装具療法、神経ブロック、リハビリテーションなどの保存療法とヘルニアを摘出する手術療法があります。

ヘルニアが神経を圧迫

椎間板内酵素注入療法(ヘルニコア)について

新しい保存療法(手術以外の治療法)の一つとして椎間板内酵素注入治療があります。注射で飛び出した髄核を小さくして神経への圧迫を軽減する新しい治療法で、1回注射をするだけという侵襲の小さい治療法です。

「ヘルニコア椎間板注用1.25単位」にはコンドリアーゼという酵素が含まれており、椎間板内に直接注射すると髄核を溶かし椎間板内圧を低下させヘルニアによる神経根圧迫を軽減し症状(下肢痛、腰痛等)を改善します。全身麻酔の必要もなく、手術と比較して患者様への身体的負担が小さい利点があります。

適応するケース

腰椎椎間板ヘルニアに対する薬物治療やブロック治療などの保存治療で十分な効果が得られない患者様。

ヘルニコア適応後の流れ

入院日に注射をします
手術室でレントゲン装置を見ながら、ヘルニアがでている椎間板に針を刺し、椎間板内に薬剤を注入します。日帰り治療も可能ですが、安全を確認するために1泊2日を推奨しています。
本剤は再投与できません
「ヘルニコア」は一生に一度のみの投与となります。患者様へ投与を行った旨を記録する「ヘルニコア治療通知カード」を発行します。脊椎関連疾患で他の医療機関を受診する際には「ヘルニコア治療通知カード」を医師へ提示してください。
投与後の動作制限、日常生活の注意点
①治療当日は入浴を控えてください。
②腰椎不安定性の発現を予防するために、投与後1週間は腰に過度の負担がかかる動作(走る、スポーツ、重量物を持ち上げる等)を避けてください。
③運動は投与後3週間を目途に医師の指示により注意深く開始してください。
症状の推移や日常生活の心配点など御遠慮なく担当医に相談してください。

治療に伴う諸問題・合併症

薬によるショック・アナフィラキシー等が発現する可能性があります。「皮膚のかゆみ」、「じんま疹「声のかすれ」、「のどのかゆみ」、「息苦しさ」、「どうき」などの症状が見られたら直ちに医師や看護師に連絡してください。また、腰痛、下肢痛、発疹、発熱、頭痛などが副作用として報告されています。投与後一時的に腰に重苦しいなどの違和感が生じる場合があります。針で注射を行うため神経や血管の損傷、感染、血腫などが起こることがあります。下肢症状が十分に軽減されず外科治療が必要となる場合もあります。

上記以外にも予期せぬ事態が発生する場合がありますが、当病院の医師、病棟スタッフ一同で適切な医療、看護をさせて頂きます。