救命救急から慢性期まであらゆるニーズに対応するハイブリット型病院

独立行政法人 国立病院機構 北海道医療センター
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

各診療科のご案内

診療科 病理診断科

当科の対象疾患

全身臓器の良悪性腫瘍の評価、炎症性疾患の評価、その他の疾患の組織評価による診断など

診療内容

組織診断、細胞診断、迅速病理診断、コンパニオン診断、病理解剖

スタッフ

氏名・職名 認定資格 主な専門分野
石田 雄介
医長
臨床検査科長
日本病理学会
病理専門医
病理専門医研修指導医
学術評議員
分子病理専門医
日本臨床細胞学会
細胞診専門医
日本臨床検査医学会
臨床検査専門医
厚生労働省認定
死体解剖資格
脳腫瘍
がん遺伝子診断
木村 太一
医長
日本病理学会
病理専門医
病理専門医研修指導医
学術評議員
日本臨床細胞学会
細胞診専門医
厚生労働省認定
死体解剖資格
 
悪性腫瘍全般

検査・治療手技

細胞診、生検診断、迅速診断、手術材料の評価によるstaging, 治療法選択の指針決定、特殊染色、免疫染色など

主な治療実績(30年度)

組織診:(生検: 2036件 手術材料: 1343件)
迅速診断:75症例
細胞診:3096件
病理解剖:5症例

学会認定施設

日本病理学会研修登録施設

地域医療機関へのメッセージ

当科では病理診断、細胞診、病理解剖業務を行っています。これらの仕事を、常勤病理医2名,臨床検査技師4名(細胞検査士2名)と外部の専門医による診療支援を受け行っています。
病理診断は、病気の最終診断であり日常の診療を行う上で非常に重要な役割をはたしています。特に悪性腫瘍の診療では病理診断が患者さんの治療方針に及ぼす影響は年々大きくなってきています。当院では、臨床医との緊密な連携により精度の高い適切な診療ができるよう努めています。今後は各診療科との定期的なカンファレンスや剖検症例に対する臨床病理検討会(CPC)を通してさらに連携を深め、診断精度の向上を目指していきます。 細胞診は、患者さんへの負担が比較的少なく癌のスクリーニングや癌の診断ができる有用な検査です。乳腺、甲状腺などの穿刺吸引細胞診は病理診断に劣らない診断精度が得られ、多用されています。当院では細胞検査士が常勤の細胞診専門医と共に診断を行い、難解な症例は遠隔細胞診断 (テレサイトロジー)を用いて外部の細胞診専門医の協力を仰ぎ行っています。
なおコンパニオン診断という個別化医療で治療薬選択を担う検査にも一部委託ではありますが対応しております。