救命救急から慢性期まであらゆるニーズに対応するハイブリット型病院

独立行政法人 国立病院機構 北海道医療センター
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

基本理念・挨拶

理念

人と自然の健康と調和を大切にする医療を実践します。

基本方針

  • 高度専門医療、救急医療、政策医療を核に、先駆的な総合医療をめざします。
  • 患者のみなさまの立場になり、十分な説明と同意に基づく医療を行います。
  • 医療の安全管理に万全を期し、安心できる医療を提供します。
  • 信頼される医療連携を実践し、心のかよう地域医療に努めます。
  • 臨床研究と情報の発信を積極的に行い、医療の進歩に貢献します。
  • 情操豊かな医療人を養成し、教育・研修に指導的な役割を果たします。
  • 地域や公益を重視し、病院の健全経営をめざします。
  • 地域の健康と絆を大切にし、潤いある自然環境と快適な医療施設を提供します。

患者さんの権利と責任

    [権利]
  • みなさんは、思いやりのある良質で安全な医療をうける権利があります。
  • みなさんは、病気の診断・治療方針・今後の見込みについてわかりやすい言葉で十分に納得のいく説明をしてもらうことができます。
  • みなさんは、検査や治療に先だって十分な説明を受けたうえで、その検査や治療を受けるかどうか自己決定することができます。納得や同意ができなければ、さらに詳しい説明を求めたり検査や治療をお断りになることができます。また、他院の医師の意見(セカンドオピニオン)を受ける権利があります。
  • みなさんは、個人としての人格の尊重とプライバシーの保護を受ける権利があります。
    [責任]
  • みなさんは、自分の心身の状態について担当医・看護師などに話す責任があります。
  • みなさんは、病院スタッフと互いに良好な信頼関係を築くよう心がける責任があります。
  • みなさんは、十分な説明を受け病院スタッフとご自身とで決定した治療および療養の方針について、これを守る責任があります。

子どもの権利宣言

北海道医療センターは、小児診療を担う病院として、『子どもの権利条約』を守り、未来ある子どもたちのすこやかな成長発達を支援するため、次の権利があることを宣言します。

  • 適切な環境で医療を受ける権利
    子どもは、安心できる環境のもと、おもいやりのある最良の医療を受ける権利があります。
  • 適切な情報提供を受ける権利
    子どもとその家族は、医療行為を受けるにあたり年齢や理解度に応じた十分な説明と情報提供を受ける権利があります。
  • 医療に参加する権利
    子どもとその家族は、医療について自由に意見し自ら医療を選択あるいは拒否する権利があります。
  • 医療を選択する権利
    子どもとその家族は、担当医以外の医師の考え(セカンドオピニオン)を求める権利があります。
  • 医療を知る権利
    子どもとその家族は、自己の診療録の開示を求める権利があります。
  • 個人情報保護を受ける権利
    子どもとその家族は、いつでもプライバシーが守られ、個人情報を保護される権利があります。