救命救急から慢性期まであらゆるニーズに対応するハイブリット型病院

独立行政法人 国立病院機構 北海道医療センター
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

各診療科のご案内

診療科 消化器内科

当科の対象疾患

消化器疾患一般の精密検査目的、胃がん、食道がん、大腸がん、肝臓がん、膵臓がん、胆管がん、胆のうがんなどの悪性腫瘍
胃・十二指腸潰瘍、炎症性腸疾患、大腸ポリープ、胆石症、胆囊炎、胆嚢腺筋腫症などの胆管系良性疾患
急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、急性膵炎など

診療内容

消化器内科は医師9名で幅広い消化器領域全般を高いレベルでカバーできるようにそれぞれの医師が専門性を持ちながら診療を担当しています。特に消化管出血、急性胆嚢炎、急性胆管炎等の消化器救急対応は当科の柱です。当院のモットーである「断らない医療」を実践するため日中夜間を問わず迅速に対応しております。また同時に高い専門性が要求される領域については専門医による専門外来を開設し、患者さんのより高いニーズに対応しております。専門外来としては【便秘外来】、【癌化学療法外来】、【肝臓外来】、【炎症性腸疾患(IBD)外来】を開設しています。内視鏡診断および治療において、当院では超拡大内視鏡等の最新の内視鏡機器を用いることで、消化管癌の早期発見に力を入れています。また内視鏡治療についても早期胃がんや大腸癌に対する粘膜下層剥離術や急性胆管炎等に対するERCP関連処置等を積極的に施行しています。

スタッフ

氏名・職名 認定資格 主な専門分野

かとう たかし

加藤 貴司
医長
日本内科学会 総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会 消化器病専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・指導医・支部評議員
日本肝臓学会 肝臓専門医
日本消化管学会 胃腸科専門医
日本カプセル内視鏡学会 認定医
日本核医学会 PET核医学認定医
緩和ケア研修会修了者
消化器一般(特に消化管)、消化管内視鏡治療

ばば うらら

馬場 麗
医長
日本内科学会 認定内科医
日本消化器病学会 消化器病専門医・支部評議員
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
緩和ケア研修会修了者
消化器一般(特に消化管)、便秘診療

なかつみ ひろし

中積 宏之
医長
日本内科学会 総合内科専門医
日本消化器病学会 消化器病専門医・支部評議員
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
消化器一般、がん化学療法

たや ようこ

多谷 容子
医師
日本内科学会 認定内科医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本胆道学会 認定指導医
緩和ケア研修会修了者
消化器一般(特に胆膵領域)

いとう じゅん

伊藤 淳
医師
日本内科学会 認定内科医 総合内科専門医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・指導医
日本肝臓学会 肝臓専門医
消化器一般(特に肝臓領域)

ながしま かずのり

長島 一哲
医師
日本内科学会 認定内科医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
インフェクションコントロールドクター
緩和ケア研修会修了者
消化器一般、炎症性腸疾患

えがみ ひろき

江上 太基
医師
日本内科学会 認定内科医 消化器一般

なかむら たけあき

中村 赳晶
医師
消化器一般

かとう あかね

加藤  茜
医師
緩和ケア研修会修了者 消化器一般

内視鏡診断および治療

当科では通常の胃カメラ、大腸カメラに加えて、超拡大内視鏡や特殊光(NBI)を用いた精密な検査により早期癌の診断に努めています。またカプセル内視鏡やシングルバルーン小腸内視鏡による小腸疾患に対する検査も実施しています。早期胃がんや早期大腸がん対しては、内視鏡的粘膜切除術(EMR)及び内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)による治療を施行しています。胆膵領域においては膵腫瘍の診断等に超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)を導入しています。また総胆管結石や急性胆管炎等に対する胆膵内視鏡(ERCP)関連手技による治療も積極的に施行しています。

主な治療実績(2019年度)

・主な内視鏡検査
上部消化管内視鏡検査 2246件
大腸内視鏡検査  1853件
ERCP 254件
超音波内視鏡検査  203件
超音波内視鏡下穿刺吸引法 51件
・主な内視鏡治療
内視鏡的胃粘膜切除術 7件

内視鏡的食道胃粘膜下層剥離術 42件

内視鏡的大腸ポリープ切除術 521件

内視鏡的大腸粘膜切除術 140件

内視鏡的大腸粘膜下層剥離術 52件
上部消化管止血術 193件

下部消化管止血術 30件

研究・業績

2019年度臨床研究業績一覧(著書・総説・原著・症例報告・講演・学会発表)

地域医療機関へのメッセージ

当科では高度専門医療、救急医療、臨床研究を三本柱として診療・研究に当たっております。医療機関の皆様方の信頼を頂けますよう努力して参りますので何卒よろしくお願い申し上げます。

薬剤内服に関するアンケート結果について