救命救急から慢性期まであらゆるニーズに対応するハイブリット型病院

独立行政法人 国立病院機構 北海道医療センター
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

当院職員における新型コロナウイルス感染症の発生について

このたび、北海道医療センター感染症病棟に勤務する看護師1名が、新型コロナウイルスに感染したことが判明しました。

当該看護師に、発熱などの症状があり、5月7日にPCR検査を行った結果、陽性が確認されました。経過などについては次のとおりです。

【経過(症状)など】

  • 5月3日(日)[勤務なし]:症状なし
  • 5月4日(月)[深夜勤務]:症状なし
  • 5月5日(火)[勤務なし]:発熱などの症状あり
  • 5月6日(水)[勤務なし]:自宅療養
  • 5月7日(木)[勤務なし]:PCR検査実施
  • 5月8日(金)[勤務なし]:陽性判明
  • 5月10日(日):現在、北海道医療センターにて入院治療中

現在、札幌市保健所とともに感染の経緯や濃厚接触者について調査を行っています。 患者さんをはじめ、関係の皆様にはご心配をおかけしております。現状では、本件により、診療への影響はないものと考えておりますが、保健所との調査を踏まえ対応してまいります。

令和2年5月10日
国立病院機構北海道医療センター

お問い合わせ先

患者さんからのお問い合わせ(平日9:00~17:00)
管理課 電話(代表)011-611-8111

報道機関からのお問い合わせ
管理課長 電話(代表)011-611-8111